skip to Main Content

 

 

秋田県のものづくりと新しい教育を考える。

これからのものづくりは、大企業から個人のものづくり

 大企業がものを作り、世界に発信するのではなく、個人や小さなコミュニティから様々なものが発信され、世界をより豊かにより便利に変えています。ほかにもオーダーメイドなどの一人一人のニーズに合ったものの制作などが、盛り上がりを見せています。

その背景にあるのは、3Dプリンタなどのデジタルファブリケーションなど、だれでも職人技のようなスキルがなくても、ものを作るようなことができる機器が開発されたことや。オープンソース等により、最先端技術を誰でも触れることができ、新しいものをつくるチャンスが増えたことです。

誰でも新しいものを作ることができるような時代になりました。しかし、ほとんどの人が作る側にならないのが現状です。

Hollow cubeは秋田で新しいものをつくるをモットーに活動しています。

 

 

 

Close search
お買い物カゴ
Back To Top